乳児を育児中の家の掃除はどのようにするのがいいですか?幼児のぐずりをほっとかない掃除方法

小さいお子さんのお持ちのお母さんは、なかなか余裕をもって掃除をできている人も少ないのではないでしょうか。ママも産後という事もあり、体調も万全でないうえ、育児に家事に、睡眠不足など…。子供が寝たスキにと思っても、掃除機の音などで起きてしまったりなど大変です。

そして、子供が寝た時くらいはママも自分の時間を過ごしたかったり、一緒に寝て体を休めたかったりするものです。今回は色々なパターンに分けて乳児のいる家庭での掃除方法を紹介します。

[新生児の赤ちゃんとの掃除方法]
新生児期の赤ちゃんは睡眠のサイクルもととのっていなく、なにかとママの側にいるものです。ママの体も産後間もないので、細かいところまで全ては難しいです。そこで、メインとなるフロアとキッチンの掃除はして、他は無理のない程度で数日置きになってもいいので、出来る時にするようにしましょう。

寝ている時に掃除する場合は、掃除機が平気なら掃除機を使い、泣いてしまうなら無理にならそうとしないで拭き掃除にしましょう。起きている時に離れると泣いてしまう子は、メリーやオモチャで遊んでいるスキか、バウンサーやベビーカーに乗せ、ママの側にいさせてあげるのも効果があります。

それでもダメなら、最終手段で抱っこ紐を使用するか、またのタイミングに持越しです。新生児はまだまだ免疫も弱いので、掃除の最は埃や掃除機の風などが赤ちゃんにかからないように十分注意して下さい。

[腹ばいやハイハイが出来るようになった頃]
腹ばいやハイハイが出来るようになった頃の赤ちゃんは世界がぐんと広がり、毎日が冒険です。そのため好奇心も増しなんでも舐めて試したりします。そんな時に一番注意したいのが口に入るくらいのゴミです。赤ちゃん中心に掃除を進めるのであれば、掃除にとりかかる時に一番優先するのがつまめるご飯のカスや紙クズなどのゴミを最初にキレイにするのがポイントです。

赤ちゃんの移動するフロアを掃除してから他に取り掛かりましょう。

[自我の芽生えた幼児との掃除方法]
テレビなどを少し見せて気をひいているスキに掃除をしているママも多いと思います。しかし、自我が芽生え始めるとママがしている事のほうが気になってしまってテレビではダメな子もいます。ぐずる子供に掃除を後回しにするのは最終手段にしたいものです。

そんな時は掃除はたのしい時間アピールをして、フキンを渡して一緒に遊びながら拭いてみたりして楽しい時間だと思わせる事も一つの手です。それが通用しない子は、掃除の時間は遊べないから、終わってからね。と、言い聞かせるとそのうち理解します。

乳児を育児しながらの掃除はなかなか大変ですが、出来るときにできるだけの事をして、片ずけを一緒にしたりしながら、まずオモチャなどを散らかしっぱなしにしないようにするのがポイントです。少しでも、お役にたてたなら幸いです。