家の掃除はどこから手を付けるべきでしょうか?掃除する箇所が分からない?なら水回りから手を付けるか、明日のゴミ収集に合わせよう!

「掃除する箇所が多すぎて、どこから手を付けるべきか迷ってしまった」そんな時には水回りから掃除する方法と、直近のゴミ収集に合わせる二つの方法があります。

■水回りから優先的に掃除するのをオススメする理由
水回りの掃除から手を付ける理由は、一言で言うと速やかに対処しないと大変な事態になってしまうからです。お風呂場の掃除を放っておくと、カビの発生だけでなく落ちた髪の毛や水滴を餌にゴキブリが繁殖してしまいます。台所の掃除も同様ですが、台所は生ごみの存在から更に厄介です。

水回りの掃除は優先して行うべき箇所と言えます。「水回りは手を付けていない、掃除はどこから手をつけたら良いのか分からない」そんな人には、水回りを優先して掃除する方法をオススメします。また冬場は少々億劫ですが、お湯を使用しなくてもゴム手袋を使用すれば掃除はかなり楽になりますし梅雨から秋にかけては、気候の暑さも手伝って水回りの掃除がかなり楽しく快適に行う事が可能です。

水回りの掃除は工夫次第で労力を減らしつつ楽しみながら掃除もできるので掃除の手始めにも良いでしょう。

■直近のゴミ収集に合わせて掃除するのをオススメする理由
直近のゴミ収集に合わせて掃除を行う方法もあります。この方法は掃除に対するやる気が持続しやすい事にあります。掃除したのは良いけれどゴミの回収は数日後…、その間、掃除したゴミ袋はずっと自宅に残り続ける事になります。動くのにも邪魔ですし、片づけたゴミを視界に入れ続ける事はげんなりとした気分になってしまいます。

万が一うっかりゴミを出すのを忘れてしまったら…次のごみ収集の日まで残り続けるゴミ袋を喜ぶ人はいないでしょう。それなら明日もしくは直近に収集されるゴミに合わせた掃除を行えば

・ゴミを出し忘れる心配が減る。

・どんどんゴミが消えていくので、部屋が綺麗になっていくのが目に見えて実感できる。

・その結果、掃除に対するモチベーションも高まる。

となるわけです。「掃除しなくてはいけないのは分かっているが、どうも気乗りしない。」そんな人は直近のゴミ収集に合わせて掃除する方法をお勧めします。

■終わりに
掃除をするのは重労働ですし、長らく放置するとどこから手を付ければ良いのか分からなくなります。しかし、優先的に掃除しなくてはいけない箇所や掃除を続けるコツは存在する一方で衣類や電化製品等、急いで掃除したりゴミとして処分を急がなくても問題ない箇所もあります。

掃除に迷ったらまずは腐る物から!あるいは明日のゴミの日から手を付けるのを習慣とすると良いでしょう。